家族の安心の住まいは立地条件で決めよう

住まいと立地条件について

住まいをどこにするかについては、立地条件が重要になってきます。例えば、スーパーが近くにあるとか、商店街が充実している町とかです。どのような条件を求めるかは人によって当然異なってきます。私の住んでいるところには一人で入れる喫茶店とかファーストフード店が少ないので、あると助かります。本屋さんがある町やデパートがある町を求める人もいるかと思います。とくに、飲食店や自営業を始める人にとっては、立地条件は大変重要になってきます。人通りが少ないところや、競争相手がいるところでは条件がいいとは言えません。このような人にとっては条件は死活問題になると言っても過言ではありません。例えばコンビニエンスストアの場合です。コンビニエンスストアが商店街の中にあることは余り見たことがありません。住宅街などにあるのをよく見かけます。コンビニエンスストアは24時間あいているので、夜遅く帰宅する人や深夜買い物に行きたくなった人にとっては、家の近くに店があるというのは店・客、双方とって利益となります。

逆に、スーパーは商店街の中や商店街のすぐ近くにあることはよく見かけます。スーパーは主に主婦をターゲットにしているので、そちらの方が条件が良く、住宅街ではあまり見かけません。同じように、飲食店は人通りが多い商店街の中にあることがとても多いです。有名なお店だと、人通りの少ない隠れ家的な場所にあえて店を構えるということも多いのですが。以上のように、住む人・店を持つ人等によって立地条件は違うものになってきます。

Copyright (C)2017家族の安心の住まいは立地条件で決めよう.All rights reserved.